■Windows7の推奨環境からの除外について
マイクロソフト社から公表されているとおり、2020年(令和2年)1月14日 をもって、Windows7の製品サポートが終了します。
これに伴い、大阪地域市町村共同利用電子入札システムにおいても、Windows7を推奨環境から除外します。

Windows7環境において、大阪地域市町村共同利用電子入札システムが、ただちに利用できなくなることはありませんが、
脆弱性への対応や新たな問題が発生した場合のサポートが受けられなくなります。

現在、Windows7を用いて、大阪地域市町村共同利用電子入札システムをご利用の方は、
推奨環境としているWindows10、Windows8.1への移行をお願いします。

大阪地域市町村共同利用電子入札システムの推奨環境は、こちらをご確認ください。






戻る

コピーライト共同利用電子入札システム
TOP >> お知らせ
共同利用電子入札システム